賃金制度・人事 給与 システムのコンサルタント 賃金総研

サイトマップお問い合わせ

TOP > 会社概要 > 沿革

給与システム 人事考課・システムのコンサルティング 賃金総研 会社概要

会社概要ごあいさつ理念と経営方針沿革

賃金総研の沿革

平成 元年 賃金システム総合研究所開設
平成 2年 賃金総研方式の新・実力給制度を提唱
平成 3年 法人化するとともに、「賃金総研」を商標登録。現場指導に直結した賃金総研独自の「ポイント式業績評価制度」を提唱
平成 8年 東京・関西・中四国・九州の4本部制とする
平成10年 賃金総研方式によるオリジナルの賃金診断システム「CSS−T型」を提唱
平成12年 医療・福祉法人専門のコンサルタント会社「ネスカルジャパン株式会社」を設立
平成13年 提携によりTPIコーチングを導入
同年 賃金総研オリジナルの「CSS-U型・組織診断」、「CSS-V型・CS診断」を提唱
平成14年 東京本部、広島本部にて、エクサス・コーチングスクールを開設
平成15年 新たに独自の「業績給システム」を提唱 従来の定昇制度を克服し、個人業績と部門業績を反映した新たな賃金体系を確立
平成16年 業績給システムとともに、「目標管理」と「成績評価」の本格的実践指導を展開。好評を得ている
同年 CBS人材評価システム導入(適性検査・能力検査・人材モデル分析)
平成18年 従来の実力給、業績給を統合した新処遇制度「スリーエスシステム」(新業績給・SSSシステム)を提唱 。成果・スキル・価値観の3点をコアとした新人事給与システムで経営革新を推進。高い評価を得ている
平成21年 NPO事業部発足
平成23年 労働保険事務組合 広島総合労務センター 認可
平成27年 社会保険労務士の登録事務所を賃金総研 社労士事務所に名称変更
トップへ